ユング

現代の精神医学は物理学、生物学的な方面へ偏っていて、昔ながらの精神医療はないがしろにされている、という話がある。

根本的なことを言うと、精神病の大部分の源とされている脳は、ほかの人体の器官と同じように、霊的な神秘性などは持たない単なる物質である。

ということは脳内物質の働き方や神経ネットワークがどうやって意識を生み出すかを研究し、解明し、制御することが出来るのであれば、直接的に脳に干渉することであらゆる精神病は治すことが出来る、というスタンスである。 「物質主義と精神」の続きを読む…

複雑系

複雑系、というものがある。

一見無関係な混沌そのもののような混乱の中にも、ある一定のパターンや規則性を見つける事ができるシステムを言う。

特に珍しいものではなく、人間関係や社会そのものは一見無関係に見える膨大な要素によって成りたっているシステムが、全体として見ると何らかのまとまった性質のような、全体で一つの振る舞いをするような時がある。

それを研究するのが複雑系である。
天気というか気象現象も複雑である。 「単純から予測不可能へ」の続きを読む…

地球

自然科学は一応自然という普遍的なものを対象としていて、実験結果にはブレが少ないので迷信や間違いは入りようがない。

間違えが入ればたちまちシステムそのものがあっというまにうまく動かなくなってしまう。

人文科学とは、普遍的・合理的に捉えるタイプの人文学のことで、自然科学及び社会科学と併記される。 「人文科学についての考察」の続きを読む…